アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究

A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)

1. 栄養素の吸収促進作用 (Nutrient Bioavailability)
植 物有効成分臨床試験で確認された効能
黒胡椒
Piper nigrum
ピペリン
(piperine)
ビタミンB6、ビタミンC、ベータカロテン、セレニウム、コエンザイムとともにピペリンを摂取すると、それぞれの栄養素の吸収が顕著に高まることが確かめられている。


2.胃腸の疾患
 トリファラー(Triphala)は、3種類の果実Terminalia chebula、Terminalia belerica、Emblica officinalisを同じ割合で混ぜたもので、トリファラーとそれぞれの粉末はアーユル・ヴェーダで高く評価されています。トリファラーは、消化器と身体の代謝全体によい効果をもつ、アドプトゲン(適応促進因子)の代表的な例です。
植 物有効成分臨床試験で確認された効能
インドスグリ
Emblica officinalis

インドスグリの果実の粉末は従来の制酸薬より、胃潰瘍や消化不良を治す効果が高いことが確かめられている。
セイタカミロバラン
Terminalia belerica
タンニン若返り


3.肝臓疾患
 不適切な食物の悪影響に対する防御は、ほとんどぜんぶ肝臓によって提供されます。肝臓のマクロファージ(大食細胞)や解毒過程を促進する酵素は、広い範囲の有毒物質に対する防御の最前線となっています。さまざまな病気の治療を成功させるために、適切な肝機能を保持することが鍵となります。
植 物有効成分臨床試験で確認された効能
キダチコミカンソウ
Phyllanthus amarusの葉
苦味成分B型肝炎(肝炎ウィルスに感染する)に罹った患者にキダチコミカンソウの葉の粉末を処方すると、多くの患者が完治する。


需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.