アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究
B. 精神医学  (Psychiatry)

 健康へのアーユルヴェーダ的なアプローチでは、個々人の精神や心の健全さは消化器の適切な働きと同様に重視されます。実際、脳の適切な場所における思考や感情の処理は、しばしば「精神や感情における消化」として扱われます。アーユルヴェーダは、多くの身体的疾患を、心理的、情緒的調和が一時的あるいは慢性的に欠けていることに結びつけます。身心の生活の質が薬の処方によって保証されるとは一般に考えられていませんが、ひどい不安や憂鬱、興奮は薬の助けで抑えることができるし、そうするのがいいとされています。

1. 鬱病 (Mental depression)
植 物有効成分臨床試験で確認された効能
アシュワガンダ
(Ashwagandha)
Withania somnifera
ウィザノイド
(Withanolides)
鬱病の患者に処方すると、多くの場合、症状が軽減したり、治ったりすることが確かめられている。
ムクナ
Mucuna Pruriens
L-ドーパ


2. 不安神経症(Anxiety neurosis)
植 物有効成分臨床試験で確認された効能
バコパモニエラ
Bacopa monniera
バコサイドA,
バコサイドB
不安神経症の患者の不安が軽減し、記憶力が改善することが確かめられている


3. 薬物依存症 (Substance abuse problem)
 チベット医療に根ざす Smoker's Relief という複数の薬草を複合した処方で、多くの人がタバコをやめられることが確かめられています。

需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.