アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ クルクミノイド(curcuminoids)

正常状態にある生態系の防御 (Protection of the integrity of biological system)
 クルクミノイドは、さまざまな疾患の予防や治療にいちじるしく多面的な効果をもちますが、それらを総合して、「生体を防御する特性」(protective properties) ということができます。
 伝統的にはウコンは食物の保存料として用いられ、最近の研究を通じてウコンは「体内の生体分子の正常な状態を守る」ことが明らかになっています。興味深いことに、食物の劣化を防ぐことと体内組織に取り込まれた栄養素の劣化を防ぐこととは関連が深いようです。

 食物の鮮度を保持するのと同じウコンの特性が、身体内の劣化の過程にさらされている生体組織を防御する役割を発揮するようです。臨床および実験室での研究によると、食物にウコンあるいはクルクミノイドを加えると、生体分子を安定化し防御します。この安定化の効果は、クルクミノイドの抗酸化作用、抗突然変異、抗癌作用などとして現れます。

 また、ウコンあるいはクルクミノイドは、生体分子を守る直接的な役割とともに、身体に備わった自然の解毒作用や防御機構を促進する間接的な役割を果たします。例えば、実験動物にクルクミノイドを与えると、解毒作用の重要な指標となるグルタチオンS-転移酵素 (glutathione S-transferase) が増加します。解毒過程が、生体システムの統合性の防御 (protection of the integrity of biological system) を助けます。

 クルクミノイドの分子構造と生体における作用の関係についての分析を通じて、クルクミノイドの抗酸化作用にとって本質的なのは、クルクミン分子のパラの位置にある水酸基であることが明らかになっています。


 生体における作用との関連で重要なクルクミノイドの分子構造は以下のように整理されます。
(1) パラの位置にある水酸基 (Para hydroxy groups) ------ 抗酸化作用
(2) ケト基 (Keto groups) = カルボニル基 ------ 抗炎症作用、抗がん作用、抗突然変異性
(3) 二重結合 (Double bonds) ------- 抗炎症作用、抗がん作用、抗突然変異性

 つまり、クルクミノイドは分子構造の面から見ても、多面的な生体防御の特性をもつことがわかります。

 ウコンあるいはクルクミノイドは、ある種の抗がん薬による生体組織の損傷を防ぐ効果をもつことが確かめられています。抗がん薬は一般に、ウコンあるいはクルクミノイドとともに摂取すると、より効果的で副作用が少なくなります。

需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.