アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ クルクミノイド(curcuminoids)

クルクミンの効果

2. ウコン抽出物とクルクミンによるがんの治療
 空気や食べ物、水を通じて体内に侵入してくるさまざまな有害物質により傷害が起きますが、私たちの身体には回復する能力が備わっているお陰で、健康を維持することができます。こうした刻々の闘いのもっとも典型的な例は、がんを引き起こす化学物質に対する防御です。たいていのがんを引き起こす合成物 (発癌物質 : Carcinogen) は、体内の物質代謝によって、「活性化した」発癌物質になります。「活性化した」発癌物質は、DNAに結びついて損傷を与え、いわゆるDNA付加体 (adduct) となります。細胞は損傷したDNAを修復するメカニズムをもっていますが、この過程で間違った修復が行われ、正しいDNAに修復されないことがあります。こうした誤りが身体の細胞や組織、器官をつくる過程の永続的な変異 (突然変異) を生みます。こうした永続的な変異が時にがんを発生させることになります。


(a) におけるクルクミンの作用
クルクミンは、遺伝子や生体分子、細胞の統合を間接的に防御します。この防御作用は、生体異物代謝酵素 (xenobiotic metabolizing enzymes) の濃度をクルクミンが変えるためのようです。例えば、クルクミンはグルタチオンS転移酵素を増加させたり、チトクローム450の働きを抑制したりします。

(b) におけるクルクミノイドの効果
動物実験によると、発がん物質ベンゾピレンとともにウコン抽出物あるいはクルクミノイドを与えると、発がん物質とDNAが結合したもの(DNA付加物 )が減少する。ウコン抽出物やクルクミンがベンゾピレンと結合して、DNA付加物の形成を妨げる効果をもつと考えられます。

(c) におけるクルクミノイドの効果
ポリアミン生合成の増加は、がん細胞の急速な増殖と結びついています。腫瘍を促進することが知られているtetradeconyl phorbol ester (TPA) は、オルニチンデカルボキシラーゼ(ODC) 酵素の作用を誘発します。この酵素がポリアミン生合成と細胞成長を調整する鍵になっています。
 試験管内の実験によって、クルクミノイドは、TPAに誘発されたODC酵素の働きと細胞増殖を抑制することが認められています。


需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.