アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ クルクミノイド(curcuminoids)

クルクミンの効果

3. ウコン抽出物およびクルクミノイドの抗突然変異作用
 ウコン抽出物およびクルクミンの抗がん作用は、これらの成分の細胞の突然変異を防ぐ潜在力と関連があります。突然変異は細胞の遺伝子の変異で、この変異はその後新たに分裂する細胞に引き継がれます。ベンゾピレン、ジメチルベンズアントラセン(DMBA)、チリトウガラシ、カプサイシンのような突然変異原性物質に対するウコンやクルクミノイドの作用は、標準的なエームス試験方法で確認されています。動物実験では、カプサイシンに誘発されたネズミの骨髄の遺伝子の変異をクルクミノイドが抑制しました。さらに、がんに罹っているネズミにウコンやクルクミノイドを加えた食事を与えると、発がん物質も突然変異も減少します。

 食べ物の栄養素は調理とともに質的に変化することが知られています。例えば、アミノ酸は、高熱で調理すると熱分解と呼ばれる物理化学的な変化を起こします。その結果、アミノ酸が突然変異原性物質、あるいは発がん物質を含む化合物や糖尿病誘発性物質に変わってしまうこともあります。ウコン抽出物やクルクミンは、熱分解による突然変異原性物質の生成を抑制します。これは食品にウコンを加えるのは健康によいという根拠になります。また、ウコン抽出物やクルクミンは、アフラトキシンの生成やその突然変異誘発性を抑制することが発見されています。アフラトキシンは保存状態の悪い食品に生える黴が産出する毒素です。

 食物から生成される発がん物質、突然変異誘発性の物質の中で、ニトロソアミン類 はとくに重要です。肉の色や肌理を良くするために亜硝酸ナトリウムが添加されます。胃の中の酸性状態の下で、アミンやアミドが亜硝酸ナトリウムと化学反応を起こし、突然変異誘発性(発癌の引き金でもある)をもつニトロソ(-NO) 化合物をつくります。こうした有害な反応は、クルクミノイドのような天然のフェノール類、ビタミンCとE、ベータカロティンなど、食物の中の特定の成分によって防ぐことができます。




需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.