アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ クルクミノイド(curcuminoids)

クルクミンの効果

5. ウコン抽出物およびクルクミンの抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 C3H (Jax) CRI のマウスの乳がんはさまざまな要因により悪化します。その主な要因として、乳がんウィルス(MMTV)、ホルモン、環境、遺伝的素因の4つがあります。C3H (Jax) CRI マウスに1%のウコンを含む食事を与えると、乳がんの発病率が低下します。ウコンによる乳がんの発生抑制は、4つの要因のうちのどれかが関与しています。ウコンは、マウスの乳がんをひき起こすウィルスの活性と増殖を防ぐと思われます。興味深いことに、ウコンはホルモン様のエストロゲンに似た特性をもち、これもマウスの乳癌の抑制の一因となっていると考えられます。

 ウコンのヒト免疫不全ウィルス(human immunodeficiency virus : HIV) に対する抗ウィルス剤としての研究もなされています。HIV感染においては、ウィルスを活性化させたり、不活性化させたりする複雑な指令システムがあります。HIV増殖の指令システムの重要な構造の部分をLTR (long terminal repeat) と呼んでいます。LTRに作用する薬は、HIV感染の不活性化とエイズの進行を遅らせる治療価値をもちます。クルクミンは、LTRの活性を抑制し、HIVの増殖を減らす効果をもつことが発見されています。

 臨床試験で、18人のHIV陽性の患者 (リンパ球のCD4陽性 細胞の数は5〜615、CD8陽性細胞の数は283〜1467) に、1日平均2mgのクルクミノイドを平均127日間服用してもらいました。この療法の結果、比較対象に比べて、CD4 細胞とCD8 細胞の数が増加しました。治療の副作用は認められませんでした。しかし、エイズ治療へのクルクミノイドの有効性を確認するには、さらなる研究が必要です。

 アルコール抽出したウコンに含まれる油とクルクミンの抗細菌効果についても研究がなされています。50mg/ml のアルコール抽出したウコンが試験管中で (in vitro) 細菌を殺す効果をもつことが示されました。ウコンの油は試験管中で千倍希釈の溶液まで制菌作用が認められました。4.5-90ul/100ml の精油はさまざまな細菌に対して効果があります。
 2.5-50mg/100ml の濃度のクルクミンは、試験管中で黄色ブドウ球菌 (Staphylococcus aureus) の発育を抑制しました。クルクミンナトリウム1ppmの溶液は、試験管中で、Micrococcus pyrogenes に対して効果をもつことがわかりました。


需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.