アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ クルクミノイド(curcuminoids)

クルクミンの効果

7. 抗血栓作用
 血小板の凝集は、血栓が始まる基本的な要因となります。血栓が起きると、血小板の凝集が血流を妨げ、組織への栄養素の供給を妨害します。血栓を起こしたネズミを使ったクルクミンとアスピリンの比較研究では、クルクミンが抗血栓効果をもつことが見出されています。クルクミンはアスピリンと同様に、血小板の シクロオキシゲナーゼ 酵素の働きを抑止し、トロンボキサン B2 (TXB2) の濃度を抑えます。しかし、アスピリンの場合、心臓での プロスタグランジン (PGI2) の合成に影響を与えますが、クルクミンの場合はそうしたことがありません。また、アスピリンの場合、処方の量を増やすと抗血栓効果が下がりますが、クルクミンの場合は、200mg/kg まで、処方量に比例して抗血栓効果は高まります。


需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.