アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ フォースコリン(forskohlin)

原料となる植物
 フォースコリンは、シソ科の植物 Coleus forskohlii の根に含まれます。フォースコリンを含む植物は Coleus forskohlii 以外に知られていません。

 Coleus forskohlii は、インド、ビルマ、タイなどの亜熱帯地方に育つ多年生植物で、アーユルヴェーダ療法にも使われてきました。


Coleus forskohlii

Coleus forskohlii の根

フォースコリン(forskohlin) の化学構造
 フォースコリン は、以下のような化学構造で、体内にあるアデニル酸シクラーゼ酵素を直接に活性化し、エネルギー代謝を高める作用をもちます。


forskohlin


需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.