アーユルヴェーダの薬草とその成分
アーユルヴェーダ医薬の科学的研究 ▼序論
A. 胃腸病病学 (Gastoenterology)
B. 精神医学 (Psychiatry)
C. 呼吸器病学
 (Pulmonary medicine)
D. 心臓病学 (Cardiology)

E. 慢性炎症性疾患
 (Chronic inflammatory disorders)

F. 代謝異常 (Metabolic disorder)

薬草の成分 クルクミノイド(curcuminoids)
▼原料となる植物
▼伝統的な利用

▼生体システムの統合性の防御
▼クルクミンの効果
 1. 抗酸化特性

 2. がんの治療
 3. 抗突然変異作用
 4. 肝臓防御効果
 5. 抗ウィルス、抗細菌、抗HIV作用
 6. 抗炎症作用
 7. 抗血栓作用
 8. アルツハイマー病への効果

ピペリン(piperine)
▼原料となる植物
▼ピペリンの働き
▼栄養素の利用率を高めるメカニズム
▼古代からの知恵の真実

▼ピペリンは、栄養素の利用率を高める
▼臨床試験

フォースコリン(forskohlin)
▼原料となる植物
▼フォースコリンの化学構造

▼ダイエットの考え方を変える---LBM
▼臨床試験
▼身体の構成を最適化するサイクリックAMPの役割

▼フォースコリンが代謝を活発化するメカニズム
薬草の成分
■ ピペリン(piperine)

原料となる植物
 ピペリンは、クロコショウ(Piper nigrum L) またはナガコショウ(Piper longum L) に含まれます。

 クロコショウは家でよく使われている香辛料であり、クロコショウからの抽出物は先祖たち (とくにインド) に薬として広く使われてきました。


ピペリン(piperine)の働き
 人体の細胞レベルでエネルギーを生成する代謝過程は、熱産生 (Thermogenesis) と呼ばれます。熱産生は減量を維持する鍵となる要因ですが、日々の食物と栄養素を人体が取り込むための要としての役割を果たしていると見なされています。これは消化器で消化し、次いで吸収するメカニズムを作動させます。ピペリン は、身体の自然な熱発生作用を促進するので、熱産生栄養素 (Thermonutrient) という言葉を使います。

 この促進作用は、熱産生のメカニズムの「出力向上」に十分なだけ熱エネルギーを増加させる働きであると考えられています。その結果として、代謝過程が増進し、代謝に必要な広い範囲の栄養素--ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸など --- に対する需要がつくり出されます。あたかもバイオペリンが代謝の車輪の動きを活発にし、血液中に栄養素を効果的に運ぶようになるといった具合です。

ピペリン(piperine)が栄養素の利用率 (bioavailability) を高めるメカニズム

 (a) 消化器への血液供給の増加
 (b) 胃の内容物の乳化の促進
 (c) 栄養素の輸送の活発化

古代からの知恵の真実
 6,000年にわたって続けられてきたアーユルヴェーダ療法の特徴のひとつは、消化器の適切な機能、特に栄養素の消化と吸収に執拗な関心をよせてきたということです。アーユルヴェーダの伝統的な処方の約3分の2では、複数の要素を配合していて、それらの中に消化吸収のためにクロコショウを含ませています。
 栄養欠乏状態についての科学的な文献はたくさんありますが、結局、要点は栄養素の利用率という問題に尽きます。栄養素の利用率を低くする最大の要因は、腸の吸収力の低下です。今日、栄養学者の間で、栄養欠乏状態は、栄養素の身体への吸収効率の低下であるとの共通認識ができています。
問題なのはあなたが何を食べるかではなく、何を吸収するかなのです。

需要研究所TOPページ   NEXT


このホームページの記述や写真の無断転載を禁じます。全ての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
このサイトはInternet Explorer 5.0以上でご覧頂くことを推奨いたします。
Copyright All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.