岩手山
行ってみたいところ ●  岩手山及びその周辺

作品名 ●  春と修羅等

その理由 ● 
賢治さんは、岩手山を何度も登り、そこから色々なものを得ていたと思われます。私も、同じとまではいかないけれどその場に立って賢治を感じてみたいなと思っています。(原点)